バストアップ方法を「食事」の面から考える~バストアップに効果的な食べ物とは?

バストアップ方法を「食事」の面から考える~バストアップに効果的な食べ物とは?

バストアップをしたい! と考える人にとって、「食事の見直し」「バストアップによい食べ物をとること」は非常に重要なことです。
ここではバストアップ方法のひとつとして、「バストアップに効果的な食事のとり方」「バストアップに効果的だといわれている食べ物」について取り上げていきましょう。

バストアップをしたい! と考える人にとって、「食事の見直し」「バストアップによい食べ物をとること」は非常に重要なことです。
ここではバストアップ方法のひとつとして、「バストアップに効果的な食事のとり方」「バストアップに効果的だといわれている食べ物」について取り上げていきましょう。

バストアップに必要な食事のとり方、基本編

バストアップに効果的な食べ物を探る前に、まずは「バストアップに効果的な食事のとり方の基本」について考えていきましょう。

バストアップをしたいと願う人の多くは、「胸は大きくても、体は引き締まった状態にしておきたい」と考えていることでしょう。そのため、ダイエットも並行して行っている人も珍しくはないのではないでしょうか。
しかし、あまりにも過激なダイエットをしていると、バストアップはなかなかうまく進みません。体につくべき脂肪、体が使うべき栄養素が極端に枯渇した状態だと、当然胸にも栄養素がいきわたらなくなるのです。そのため、バストアップに必要な栄養素が足りず、胸が育たなくなります。

また、極端なダイエットはホルモンバランスの乱れを招きます。女性らしい体つきをつくるために必要なホルモンとして女性ホルモンである「エストロゲン」があげられますが、ホルモンバランスが崩れるとこのエストロゲンの分泌状況にも悪影響を及ぼします。特に胸が育つ時期にこのような過度なダイエットをしてしまうと、のちのちにまで響いてしまいかねません。
ダイエットとバストアップを一緒にしたいと考えるのであれば、よく食べ、そしてよく動くことが何よりも重要です。運動をして脂肪を燃焼させることで引き締まった美しいボディラインを作ることが可能ですし、胸の筋肉をつければ「崩れにくいバスト」を作るためのしっかりした土台を作ることに繋がります。

加えて覚えておいてほしいのは、食事はバストアップにおいて大きな影響を及ぼすものではあるけれど、食事だけでバストのサイズが決まるわけではないということです。

バストサイズは生活習慣に大きく影響されるため「バストアップ方法」を説く記事がたくさん出てくるわけですが、この「生活習慣」のなかには、食事だけでなく睡眠やストレスとの付き合い方も含まれます。さらに、バストサイズの決定に大きな影響を与えるものとして「遺伝的要因」があります。バストサイズの決定には遺伝的要素が30パーセント程度関わってくるとされています。
また、ひとつの食材がバストアップにどこまで直接的な影響を与えるのかは未知数です。なかには医学的根拠が乏しいと考えられるものがあるのも事実です。

ただそれでも、「健康によく、健康被害をもたらさず、かつバストアップに効果を示すかもしれないもの」をとっていくことは、無駄だとまではいえないでしょう。

良質なたんぱく質をとろう!

食材のなかには「直接的にバストアップに関わってくる」とは言い切れないものもありますが、たんぱく質は確実に胸のサイズに影響を与えます。

なぜなら、たんぱく質は胸を作るための建材となるものだからです。人間の体は、たんぱく質がなければ形を保つことができません。上では「運動を組み合わせることで、引き締まったボディをつくりながら、型崩れしにくいバストをつくることができる」としましたが、この「筋肉」をつくっているのもまた、たんぱく質なのです。

たんぱく質が少ないと、どれほどハードな運動をしても筋肉をつけることはできません。また、胸をかたちづくるための材料がないわけですから、胸を育てることはできません。たんぱく質が少なすぎると筋力の低下なども招くので、健康の面からみても、積極的に取っていくべきものだといえます。

たんぱく質は、シラスボシや牛肉の筋などによく含まれています。また、アジなどの青魚にもよく含まれています。
ただ、「たんぱく質がたくさん含まれている食材」としてよく取り上げられるのは、鶏ささみ肉や鶏むね肉などでしょう。これらは大量に摂取することができるものであるうえ、良質で、かつカロリーも低いのが特徴です。さらにいえば、鶏肉は豚肉や牛肉などに比べて安価であるため、日々の食生活に取り入れやすいのもメリットです。加えて、これらはどこのスーパーでも売られているものであり、買いやすいのも魅力です。現在はコンビニエンスストアなどでも、すでに調理されているパウチ商品が売られています。さまざまな料理に使えるため、食事作りの面から見ても重宝します。

なお、プロテインも売られています。プロテインは、直訳すれば「protein・たんぱく質」となりますが、日本においてプロテインといった場合は、栄養補助食品としてのサプリメントやドリンクを指すことが多いといえます。
これらはたんぱく質をピンポイントで摂取できるため、より太くより強い筋肉をつけたいと考えるアスリートにとっては非常にありがたいものです。ほかの無駄な栄養素をとらなくてよいというメリットもあります。
「ハードに運動しつつ、たんぱく質をとってバストアップをしたい」と考える女性の場合は、これを利用してもよいでしょう。現在は食味に優れるものもあります。

ただ、これらは基本的には「ピンポイントでたんぱく質を補給するもの」であるため、「普段の食生活にも気を配っており、それでもたんぱく質が足りない人」が飲んだ方がよいものでもあります。まずは日常的な食生活のなかからたんぱく質をとるようにした方がよいでしょう。

大豆製品の効果やいかに?

「バストアップにきく食材」を調べていると、必ずといっていいほど、「イソフラボン」「大豆」という単語を目にするはずです。

大豆製品には、イソフラボンという成分が含まれています。これは特に「大豆イソフラボン」と記されることもあります。
イソフラボンがバストアップに効果的だといわれるのは、イソフラボンの構造体に理由があります。
イソフラボンと女性ホルモンであるエストロゲンは、その分子構造が似ています。このためイソフラボンはしばしば「女性ホルモン様作用(じょせいほるもんようさよう)を示すもの」として取り上げられます。エストロゲンに近しい構造体を持つイソフラボンは、エストロゲン同様、女性らしい体つきをつくることに役立つと考えられています。

このような理由から、大豆製品をとることは、バストアップによいと考えられるようになりました。もっとも、「イソフラボンはたしかにエストロゲンに似た作用があるとはいえ、その効果は1000分の1以下である」とする説もあります。

一方で、イソフラボンは「とればとるほどよい」というものではなく、1日に75ミリグラム以下の摂取量に収めるべきだとされています。これは、イタリアの大学において、「5年間毎日150ミリグラムのイソフラボンをとっていたところ、子宮内膜増殖を患った人が出た」という研究結果に基づいています。150ミリグラムの半分である75ミリグラムが限度量とされたのはそのためです。
ちなみに、この「75ミリグラム」ですが、納豆2パックで71ミリグラム程度です。またこれはあくまで「毎日食べていたとき」の量であり、日本人のほとんどは1日に75ミリグラムもイソフラボンを摂取していません。加えて、75ミリグラムを超えた量を食べたところで、直ちに影響はないとされているので、それほど神経質になる必要もないでしょう。

キャベツは効果があるの、それともないの?

「キャベツがバストアップに効果的だ」とする声を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

キャベツに含まれているボロンが、女性ホルモンの動きを活発化させることができるというのがその理由です。実際にこの意見を支持する医師もいて、「顕著で目覚ましい効果を出すとまでは言えないが、期待をしてもよい」としています。
一方で、「ボロンには医学的根拠がないため、キャベツを食べてもバストアップがはかれるとは言い切れない」とする医師もいます。

このうちのどちらか片方だけを「正しい」と言い切ることはできません。ただキャベツは、異常な量を食べない限りは副作用などが起きるものではありませんし、安価なものです。そのため、「効果があればラッキー」という程度の考え方のもと、日々の食生活に取り入れていってもよいでしょう。

これらの食材を使って料理をするには?

バストアップに効果的だといわれる食材をいくつか挙げてきましたが、これら全部を使って料理を作るのは難しい……と考える人もいるかもしれません。しかし、メニューを考えていけば、決して実現不可能なものではないことがわかるはずです。

たとえば、こんな具合です。

和食

  • 大根とシラスの和え物
  • 冷ややっこのネギ添え
  • 納豆1パック
  • 白ご飯
  • ニンジンとダイコンのお吸い物
  • 焼き鮭
  • キャベツの漬物

洋食

  • 食パン1枚
  • 厚揚げとキャベツと鶏むね肉のオイスターソース炒め
  • キャベツとニンジン、モヤシのコンソメスープ
  • イチゴとキウイ、パイナップルのヨーグルトサラダ
  • チーズ3種類程度

ここであげたのはほんの一例であり、実際には無数の組み合わせがあります。また、バストアップによい食べ物だけを食べていけばよいというわけではなく、果物や野菜などもバランスよく食べていく必要があります。ただ、このようにして具体的な調理例を挙げていけば、「バストアップに効果的な食べ物をとること」は決して難しくないことがわかるでしょう。

バストアップに効果的な食生活は、健康的な食生活にもつながります。この点を意識して、さまざまな食材を組み合わせていきたいものですね。