バストアップサプリメントに効果はなし?!  バストアップサプリメントとの付き合い方

バストアップサプリメントに効果はなし?!  バストアップサプリメントとの付き合い方

「バストアップサプリメント」と呼ばれるものは数多く出回っており、これをランキング形式でまとめたサイトなどもたくさんあります。そのなかには、あたかも「このサプリメントを飲みさえすれば、胸が大きくなる」と錯覚させるものもあります。

ただ、日本において「バストアップサプリメント」という表記は認められていません。栄養補助食品や健康食品であるサプリメントの場合、「特定部位を示すこと」「特定部位の変化を示すこと」は認められていないのです。このことを踏まえれば、「バストアップサプリメント」なるものは、ひとつも存在しないことになります。ちなみにこれは薬機法・旧薬事法の制限によるものであるため、商品の公式ホームページでは「バストアップサプリメント」という表現は避けているところが大半です。

もちろん、個人差はあるものです。しかし、「バストアップサプリメントと呼ばれるものを飲めば、確実に胸が大きくなる」と信じることは危険です。

このあたりを踏まえて、バストアップサプリメントと呼ばれるものと、その効果、そして付き合い方について見ていきましょう。

※なお、ここでは警鐘を鳴らす意味を込めて、あえて「バストアップサプリメント」という表現を使っていきます。

バストアップサプリメントによく含まれている成分の効果とその反証

バストアップサプリメントには数多くの成分が含まれています。
そのなかから代表的なものをいくつか取り上げてお話していきましょう。

プエラリア・ミリフィカ

バストアップサプリメントといえばこれ! といわれるほど、多くのバストアップサプリメントに配合されているものです。

プエラリア・ミリフィカは、タイなどに生えている植物であり、現地では若返りの植物であるとして重宝されています。日本でプエラリア・ミリフィカの植物自体を購入することはかなり難しいのですが、海外旅行などにいくとお土産物屋さんなのでプエラリア・ミリフィカが売られていることもあります。日本では、サプリメントというかたちで手に入れるのが一般的です。また、プエラリア・ミリフィカにはいくつかの種類がありますが、日本でよく用いられているのは、白色の「白ガウクルア」です。

さてこのプエラリア・ミリフィカですが、これは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た働きが期待できるとされています。特に「植物性エストロゲン」と呼ばれるものであり、そのエストロゲン活性は、同じ「植物性エストロゲン」に分類されるイソフラボンの1000倍~10000倍もあるとされています。
また、一部の研究では、「プエラリア・ミリフィカを服用することによって、更年期障害が改善された」という結果が出ています。

エストロゲンは、バストアップと更年期障害の両方と関わりがありものです。エストロゲンの分泌量やバランスは、バストを育てることと関わってきています。また、エストロゲンの分泌量が急激に少なくなってくる40代後半くらいから更年期障害が始まることは、すでに立証されています。

このように考えれば、「更年期障害はエストロゲンの減少で起こる→プエラリア・ミリフィカはエストロゲンと似た働きをして、更年期障害を改善する→つまり、プエラリア・ミリフィカにはエストロゲンと同等程度の効果が期待できる→バストアップに必要なものはエストロゲンであるから、プエラリア・ミリフィカをとればバストアップも成功する」と思ってしまいがちです。

しかし、現状として、プエラリア・ミリフィカが効果を示したとされているのはあくまで更年期障害に対してだけです。バストアップに関しての効果はあくまで個人の「感想」に留まり、しっかりとした研究結果があるわけではありません。加えて、更年期障害に関する研究についても、「今だ情報が足りない」として慎重な立場をとっている専門家もいます。

加えて、プエラリア・ミリフィカは「副作用」の面もよく問題視されます。ここ2年ほどの間で、年間100件近い健康被害(主に、消化器官の異常。それ以外にも、月経不順などが見られることもある)が報告されており、国からも注意喚起が出ています。

プエラリア・ミリフィカの場合は、明確な「1日の摂取上限量」が定められておらず、かつプエラリア・ミリフィカのなかでも強いエストロゲン活性を示す成分の定量化が難しいという問題があることも、この「副作用」と繋がっていると考えられています。

イソフラボン

イソフラボンは、非常によく知られた成分です。プエラリア・ミリフィカよりも我々日本人にとってなじみ深い単語ですから、耳にしたことのある人も多いことでしょう。特に大豆からとられるため、「大豆イソフラボン」のようにいわれることもあります。なお、前述したプエラリア・ミリフィカのなかにも、このイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは、植物性エストロゲンの一種とされています。ただ、非常に特徴的なのは、イソフラボンの場合は「植物性エストロゲンとしてエストロゲンと似た働きをするにも関わらず、エストロゲンがあまりにも強い場合はその働きを抑制する」ということです。
バストアップや更年期障害のことを考えるとき、「エストロゲンは分泌されればされるほどよい」「エストロゲンの分泌量が多ければ多いほど胸は育つし、更年期障害は軽くなる」と思われがちです。つまり、エストロゲンの「良い面」しかクローズアップされない傾向にあるのです。

しかしながら、実はエストロゲンはマイナスの側面も持ちます。エストロゲン(特に、エストラジオールと呼ばれる種類)の分泌量が多すぎると乳がんになるリスクが高くなります。
イソフラボンは、このようなリスクを防止しつつ、エストロゲンと似た作用を見せるということで、非常に多くの人の注目を集めました。

ただ、イソフラボンの場合は、実際のエストロゲンと比べて1000分の1~10000分の1程度の働きしか見せないと考える説もあります。このため、「イソフラボンの入ったサプリメントを食べれば、それだけで胸が大きくなる」と考えることはかなり無理があるといえるでしょう。

なお、安全性が高いと思われるイソフラボンですが、実際には「1日に75ミリグラム以下に摂取量を抑えるべき(150ミリグラムを5年間食べ続けた層で、健康情のリスクが発見されたから)」という指針がだされています。これは、冷ややっこ2分の1丁と納豆を食べればオーバーしてしまう量です。しかしながら、この指針は、あくまで「毎日食べた場合」の話であるため、一般的な生活で75ミリグラム以上を毎日摂取することは難しいでしょう。

もっとも、今回取り上げるバストアップサプリメントなどの場合は、少し注意が必要です。これの基準でいうと、1日当たり30ミリグラム以下で抑えるべきだとされているからです。

厚生労働省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」
Link

ブラックコホシュ

「プエラリア・ミリフィカを摂取することに抵抗を覚える」「プエラリア・ミリフィカとあわせてもっと効果のありそうなものを使いたい」という人に選ばれているのが、「ブラックコホシュ」でしょう。プエラリア・ミリフィカはタイなどを原産国としますが、ブラックコホシュの場合は北米などを原産国とします。今から100~200年ほど前は、現地で薬として使われていました。

このブラックコホシュには、更年期障害の代表的な症状である「ホットフラッシュ」などを緩和できると信じられていました。また、生理不順などに対しても効果を示すと長く考えられてきた歴史があります。

ブラックコホシュの場合は、「ハーブ」として使われることが多く、ハーブティーなどのようにして飲むことも可能です。日本で取り入れられる場合は、サプリメントというかたちで飲まれることが多いかと思われます。

厚生労働省は、このブラックコホシュに対して、「ほかの国で、ブラックコホシュをとったときに肝障害が出たという報告が挙がっている」としています。ただ、日本ではこの類の健康被害は報告されていません。そのため、明確な健康被害が挙がっているプエラリア・ミリフィカなどに比べて摂取しやすいと考える人もいるでしょう。また、適切な量を飲む限りは、健康被害が起きるリスクは少ないとされています。

ただ、ブラックコホシュの場合、「更年期障害に効果があるのではないか」とされてはいるものの、その研究結果は一致していないという問題点もあります。「ホットフラッシュが緩和した」とする意見がある一方、別の研究機関では「そのような効果は見られなかった」とする結果も挙がっているのです。
当然、「ブラックコホシュを飲んだらバストサイズが○カップもアップした」という明確な研究結果もありません。

厚生労働省「海外におけるブラックコホシュの利用に関する注意喚起について」
Link

サプリメントとの付き合い方

このように、「バストアップサプリメント」といわれているサプリに配合されている成分のなかで、「絶対、確実に胸のサイズを底上げできる」と立証されているものは基本的にないと考えるのが妥当です。

ただ、「立証されていないから絶対に効果はなし、飲むだけ無駄」と断言することもまた乱暴な話です。クチコミなどを見ていると、「このサプリメントを飲んでから胸の状態が変わった」とする意見も目にすることができますし、結果にしろ副作用にしろ、個人差があるのは確かです。また、ここでは大きくは取り上げませんでしたが、栄養補給としてプロテイン(胸や筋肉の原材料になる)を含むサプリメントをとることは、無意味な話ではありません。

サプリメントを盲信することには問題がありますが、サプリメントのすべてを忌避する必要はありません。
その商品に書かれている「1日の目安量」を守り、異常があれば病院に行くというやり方を徹底できるのであれば、飲んでみるのもひとつの方法です。