胸が大きくなると言われているサプリ、本当に効果がある? 代表的な成分について

胸が大きくなると言われているサプリ、本当に効果がある? 代表的な成分について

「胸を大きくしたいからサプリメントをとる」
「胸が大きくなるサプリメントを知りたい」
と考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、結論から先に言うと、「胸が大きくなること」を謳って打ち出されているサプリメントは日本では存在しません。薬機法の絡みがあるため、「バストアップ」などを謳うことは法律で禁じられているのです。また、実際に、「これを飲んだら、飲んだすべての人がバストアップができる」というような強力な商品があったのだとしたら、それはすでに「サプリメント」の域を超えています。サプリメントは、あくまで栄養補助食品としての扱いに留まるのです。

もっとも、感じ方には個人差があります。そのため、「このサプリを飲んで胸が大きくなった」と感じる人はいるかもしれませんし、サプリメントの力自体を否定することはできません。

これを念頭に置いたうえで、「胸が大きくなる」と言われているサプリに配合されている代表的な成分について紹介していきます。

もっとも有名? プエラリア・ミリフィカについて

「胸を育てること」を目的としてサプリを探しているときに、必ずと言っていいほど見ることになるのが「プエラリア・ミリフィカ」です。これを配合したサプリは非常に多く、枚挙にいとまがありません。

プエラリア・ミリフィカは、植物のうちの一種です。「プエラリアミリフィカ」「プエラリア」と書かれることもあります。マメ科に属する植物であり、タイなどを原産地とします。

プエラリア・ミリフィカがバストアップに効果を示すと言われている理由は、プエラリア・ミリフィカの持つ構造体にあります。胸を育てることに欠かすことのできないホルモンとして「エストロゲン」がありますが、プエラリア・ミリフィカはこのエストロゲンと似た構造体を持っているのです。このような働き・かたちを持っている植物はプエラリア・ミリフィカ以外にもあり、それらは「植物性エストロゲン」と呼ばれたり、「エストロゲン様作用(を示す成分)」と呼ばれたりします。プエラリア・ミリフィカ以外の代表例として、「大豆イソフラボン」が挙げられます。

ほかにもエストロゲン様作用を示す植物がたくさんあるにも関わらず、プエラリア・ミリフィカがよく取り上げられるのは、プエラリア・ミリフィカの持つエストロゲン活性の強さにあります。大豆イソフラボンはエストロゲンの1000分の1~10000分の1程度の働きしかしませんが、プエラリア・ミリフィカの場合は大豆イソフラボンの1000倍~10000倍の力を持っているとされています。

エストロゲンに似た働きを示すうえ、非常に強い活性を示すプエラリア・ミリフィカは、バストアップに有効なのではないかと言われ続けていました。
しかしこれほどにまで強力な効果を持つプエラリア・ミリフィカは、体のホルモンバランス自体を狂わせてしまう可能性が示唆されています。

私たちの体に存在する女性ホルモンは、エストロゲン以外にもあります。それが「プロゲステロン」です。プロゲステロンとエストロゲンはバランスを保ちながら、存在しています。しかしプエラリア・ミリフィカを摂取し続けるとこのホルモンバランスが崩れてしまう可能性が高くなります。エストロゲンは、「強ければ強いほど良い」というものではありません。エストロゲンが強くなりすぎると、生理不順などの副作用が起きるリスクがあります。
厚生労働省もまた、このプエラリア・ミリフィカに対して警鐘を鳴らしています。

加えて、日本で販売されているプエラリア・ミリフィカのサプリはその量が一定ではなく、単純に「プエラリア・ミリフィカを配合したサプリ」といっても健康に及ぼす影響をはかりにくいという問題点もあります。業者によっては、自社商品の1日の摂取量を把握していないとする調査結果も上がっています。

もちろん、これをもって、「プエラリア・ミリフィカ=使ってはいけないもの、飲んではいけないもの」と言い切ることはできません。ただ、プエラリア・ミリフィカは、その扱いや付き合い方に慎重さが求められる成分であることはたしかです。もしプエラリア・ミリフィカの配合されたサプリを摂取していきたいのであれば、

  • 1日の摂取量の目安が書かれている業者の商品を選ぶ
  • 初めて試すときは、分量が多すぎるものは避けるのが無難
  • 何か副作用が起きたら、ただちに使用を中止し、病院で診察を受ける

ことを心がけましょう。

ちなみに、プエラリア・ミリフィカに対する考え方は、各国で異なっています。日本においては、消費者への注意喚起を行ったり、地方自治体に事業者の監視や事例報告を頼んだりしている段階にとどまっていますが、韓国では食品として摂取することは禁止されています。EUでも食品として販売することが禁じられていますし、タイでは1日に101ミリグラム以上の摂取は禁じています。

厚生労働省「プエラリア・ミリフィカを含む「健康食品」について」
Link

プラセンタっていったい何? これでバストアップはできる?

「胸が大きくなるサプリ」なるものにはよくプエラリア・ミリフィカが配合されていますが、それ以外にも数多くの成分があります。

そのうちのひとつが、「プラセンタ」です。

プラセンタは、「胎盤」という意味です。胎盤には胎児を成長させるためのさまざまな成長因子が含まれているため、ここから抽出した成分を体に取り入れればアンチエイジング効果が見込めるのではないかと注目されていました。

かつてこのプラセンタは、経口摂取しても効果はないのではないかと考えられていました。しかし研究が進んでいくにつれ、「プラセンタを経口摂取した場合、肌の水分量が増加した」「肌の色が良くなった」「ハリが出て、シワが目立ちにくくなった」などの研究結果が次々と報告されるようになりました。研究の母集団は大きいとはいえないものもありますが、それでもこのような結果が報告されていることは喜ばしいことです。
また、病院では、「プラセンタ注射」と呼ばれるものを扱っているところもあります。これによって肌が若返るなどの効果が見込めるとされています。

現在日本で出回っているプラセンタサプリの多くは、豚を由来としています。ただ、一部の商品では馬や羊から抽出しています。多産な動物である豚よりも、1回の出産で1匹しか子どもを生めない馬プラセンタの方が高額になる傾向が強いといえます。

ただ、このように注目を受けているプラセンタですが、これが「バストアップ」に対してどれほど効果を示すかは未知数です。プラセンタ関係の研究を見ていくと、そのほとんどが「保水」「美肌」によるものであり、「プラセンタを飲めば、多くの人がバストアップした」という情報は見当たらないのです。

「プラセンタはホルモンに対して働きかけができるので、プラセンタを摂取すればバストアップができる」とする説もありますが、根拠があいまいです。そもそもプラセンタは、ホルモン剤ではありません。また、プラセンタは注射というかたちでも取り入れることができますが、病院のページなどでも、「プラセンタ注射を打てばバストアップができる」と言い切っているところは調べた限りでは見当たりませんでした。

ちなみにプラセンタは、「プラセンタ注射」として体の中に取り入れた場合、献血ができなくなります。プラセンタを注射した場合、クロイツフェルト・ヤコブ病という病気に感染する可能性を0にはできないからです。これはあくまで「可能性を0にはできない」であって、実際には感染した実例は報告されていません。またこれは「プラセンタ注射」によるものであって、サプリメントなどの経口摂取の場合は問題にはなりません。ただそれでも、精神的なハードルが高くなることはあるでしょう。

厚生労働省「ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤を使用された献血者への対応」
Link

賛否両論? コラーゲン配合のサプリについて

「コラーゲン」もまた、非常に知名度の高い成分です。これを配合したサプリや基礎化粧品は数多く出回っています。

コラーゲンは、もともと体の内部に存在する成分です。これは、バストや顔のハリを保つために欠かすことのできない成分です。また、軟骨部分の柔らかい動きを支えているものでもあります。基礎化粧品として使った場合は、優れた保湿効果を発揮することでも有名です。また、現在ではコラーゲンを低分子化した「低分子コラーゲン」と呼ばれるものも出ています。

さて、このコラーゲンをサプリというかたちで摂取したときはどのような効果があるのでしょうか。

これについては、専門家の間でも意見が分かれています。

  1. 低分子コラーゲンであっても体内に入れば、分解して吸収される。コラーゲンをとったからといって、体内でコラーゲンの合成に役立つわけではない。
  2. 一般的なコラーゲンの場合は役に立たない。しかし低分子コラーゲンならば、効果がある可能性もある。今後の研究が待たれる。
  3. 低分子コラーゲンを摂取したら肌の水分量がアップしたことがわかったので効果はある。
  4. コラーゲンを摂取してもらったら、14人中2人はバストサイズが1カップアップして、ほかの人にもバストアップ効果が表れた。だから胸を大きくすることにも効果を示す。

この4つのうちのどの意見を正しい・正しくないと論じることは非常に難しいものです。どれもが信頼性の高い意見だからです。
ただ、低分子コラーゲンは注目を浴びている成分でもありますし、「とりあえず少し試してみる」という気持ちでトライしてみるのはひとつの方法です。

「だれが飲んでも、確実に胸が大きくなるサプリ」はありません。また、それぞれのサプリにはリスクもあります。ただ、栄養補給のための商品として有能なものもありますし、自分に合うサプリを探して飲んでみること自体は、決して悪いことではありません。

石井クリニック「コラーゲンのバストアップ効果」
Link