乳腺を発達させる方法はあるのか? あるとしたらそれはどんなもの?

乳腺を発達させる方法はあるのか? あるとしたらそれはどんなもの?

「乳腺」は、乳児に母乳を与えるための大切な器官です。また、バストをかたちづくる器官のうちの一つでもあります。この「乳腺」を発達させる方法はあるのでしょうか? 

そして、あるとしたらそれはどのようなものなのでしょうか?

乳腺についての基本的な考え方と基礎知識

「乳腺を発達させる方法」を取り上げる前に、まずは「乳腺とは何か」について解説していきます。

乳腺とは、バスト部分に存在する器官のうちの一つです。胎児のころからすでにその存在が確認できますが、10歳~12歳くらいの頃から発達し始めるものです。この乳腺は、「乳管細胞」と「腺細胞」によって構成されています。乳管細胞は枝分かれした木のようなものになっていて、乳頭(乳首)に繋がっています。腺細胞はこの「乳管」を作り上げている袋状態のものです。10~100個程度が集まって「小葉」と呼ばれる器官を作っており、この「小葉」が20~40個程度集まって「乳管」となります。

乳腺は、乳児に母乳(乳汁。乳汁も母乳も同じものだが、一般的に人間のものをいうときは「母乳」、ヒトを含む動物のものをいうときは「乳汁」とされることが多い)を与えるために用いられる器官です。母乳は免疫力を高める効果と高い栄養を持っており、乳児の健康を維持するために非常に重要なものです。また、母乳を与えることによって乳児との間でコミュニケーションが生まれるといわれています。ただし、これは「母乳でなければ子どもに栄養を与えることができない」「子どもとコミュニケーションがとれない」ということではありません。現在は優秀な人工乳もありますし、母乳の出る・出ないは個人差があるものです。

なお、乳腺は年齢とともに徐々に成熟していき、妊娠~出産によって完全な成熟をみるとされています。そして、女性ホルモンの分泌量の低下とともに、少しずつ変化していくものでもあります。

10歳~12歳程度から「女性ホルモン・エストラジオール」の影響を受け手成長し始めたバストは、15歳程度で成人女性と同じ程度までに成長します。妊娠~出産を経た人の場合は、女性ホルモンの分泌を促すHCGホルモンによって「女性ホルモン・エストリオール」の分泌量が増えて、これによって乳腺が発達することになります。その後、30歳をピークとして徐々に女性ホルモン・エストラジオールの分泌量は低下していき、50歳くらいのときに起きる「閉経」をもって、乳腺はその役割を終えます。ただ、これ以降も、女性の体は女性ホルモン・エストロンの影響を受けることになります。「閉経後、エストロゲンの分泌量は低下した」と書かれている場合は、女性ホルモンのなかでも代表的な「エストラジオール」の分泌量が低下したこととイコールだと考えてください。それ以降も、エストロンと呼ばれる女性ホルモンは分泌され続けるわけです。

閉経を迎えてエストロジオールの分泌が極めて少なくなると、乳腺も変化します。バストに存在していた乳腺は徐々にその姿を変えて、「脂肪」に変化していくことになります。

バストサイズと乳腺の関係について

「乳腺がバストを構成する要因でありエストロゲンの影響を受けて大きくなるというのであれば、乳腺を大きく発達させられれば、バストサイズも上がるのではないか」と考える人もいるでしょう。

これはある意味では正しいことです。

しかしながら、実は乳腺がバスト全体に占める割合は低いという事実があります。バストの大部分は脂肪であり、乳腺の割合はわずか10パーセント程度にしかすぎません。乳腺に対してアプローチすることはたしかに有意義かもしれませんが、「極端にやせていて胸の部分にも脂肪がほとんど存在しない状態で、乳腺だけを発達させて大きなバストをつくること」は極めて難しいと考えてください。

「豊胸手術」で乳腺は成長させられるか?

「バストサイズをアップさせるための方法」として「豊胸手術」があります。これは美容外科手術の区分になる方法であり、医師の手によって行われるものです。失敗さえしなければだれでも確実に胸を大きくできるものであり、古くから研究が進められてきているものです。
この「豊胸手術」自体は、胸の小ささをどうにかしたいというコンプレックスを抱えている人にとって非常に有用なものです。また、現在はさまざまな豊胸手術があり、自分に合ったものを選ぶことで、理想的なバストを作りやすくなっています。

しかしながら、この豊胸手術であっても、「乳腺自体を成長させること」によってバストサイズアップをはかることは難しいとされています。もう少し正確に言うのであれば、「多くの美容外科が扱っている豊胸手術のプランにおいては、乳腺自体を大きくすることによって豊胸をはかることを目的としたものはあまり取り上げられていない」ということになります。

多くの場合、「豊胸手術」というと以下の3つを指します。

  • ヒアルロン酸注入による豊胸手術
  • バッグ挿入による豊胸手術
  • 脂肪注入による豊胸手術

なお、「バッグ挿入による豊胸手術」と「脂肪注入による豊胸手術」をあわせて、「ハイブリッド豊胸手術」とする場合もあります。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の場合、胸にヒアルロン酸を注射で打ち込んで豊胸をはかります。メスを使わない豊胸手術であり、ダウンタイムが極めて短い(「ほとんどない」とする説もあります)のが特徴です。任意のサイズにすることができるのが魅力であり、かつ費用も安く抑えられます。ただこの方法の場合、ヒアルロン酸はいつか必ず体内に吸収されます。

バッグ挿入による豊胸手術は、胸にバッグ(多くはシリコン製)を入れ込んでサイズアップをはかる方法です。一度の手術で大幅なバストサイズアップが可能となるため、「とにかく胸を大きくしたい」「ほとんど真っ平らの胸なので、どうにかしてふくらみを作りたい」と考える人に向いています。この方法の場合、バッグが寿命を迎えない限りは効果は続きます。なお、バッグの寿命については諸説ありますが、10年程度は持つと考えられています。ただし、別の医師は「半永久的」としており、美容外科医・美容外科ごとによって見解が異なります。

脂肪注入による豊胸手術の場合は、自分の体からとった脂肪を胸に入れていきバストサイズアップをはかる方法です。バストサイズアップをはかると同時に気になる部分を細くすることができるため、ボディバランスを整えたい人にも向いています。
「異物」を入れるのではなく自分の「脂肪」を入れるため、手触りが極めて自然です。ただ注入した脂肪のすべてが定着するわけではありません。

なお、「脂肪注入による豊胸手術の効果持続期間」に関しては、解釈次第で分かれます。「すべてが定着するわけではないから、永続的とはいえない」「定着した脂肪も、やせればおちるので半永久的ではない」ということもできますが、「一度定着した脂肪は、やせないかぎりはそのまま残るので永続的である」と見ることもできます。

この3つの方法はどれも特徴があり、それぞれが大きな意味を持つものです。しかしこれらはすべて、胸の中に何かを入れることによって、バストサイズアップをはかる方法であり、乳腺自体にアプローチするものではありません。病院のなかには明確に、「当院の施術プランには、乳腺を成長させるものはない」としています。「バストアップ」をはかるために豊胸手術を受けるのであれば上記で挙げた3つ(ハイブリッド豊胸手術を含めるのであれば4つ)は意味のあるものですが、「乳腺自体を発達させる豊胸手術」となると、この3つは該当しないのです。

一応、「乳腺自体にアプローチする豊胸手術」もあります。それは「乳房再生豊胸(注射)・旧乳腺再生豊胸」と呼ばれるものであり、脂肪組織を増やして乳腺自体も大きく成長させる豊胸手術をいいます。成長因子や自己血漿などを使って行うもので、「乳腺自体を大きく太らせることができる」というとても特別な方法です。なおこれは、特許権の関係もあり、あいちビューティークリニックでのみ実施されています。

このため、ほかの美容外科でこの手術が取りざたされることはほとんどありません。「豊胸手術において、乳腺自体にアプローチする方法はほとんどない」とされるのはこのためでしょう。

自分で乳腺を発達させることはできるのか

では、豊胸手術に頼らずに乳腺を発達させることはできるのでしょうか。

これに関しては、「かなり難しい」と考える方がよいでしょう。

ぱっと思い浮かぶものに「サプリメント」がありますが、サプリメントではバストアップ効果を謳うことはできません。乳腺の発達に関しては言うに及ばず、です(栄養補給をすることは可能です)。また、バストマッサージクリームなどを使っても、それが乳腺を発達させることはありません。そもそもこの類のクリームがアプローチできる範囲は、肌の角質層までであり、その奥にある乳腺に対して効果を示せるはずがないのです。

バストマッサージやツボおしに関してはどうでしょうか。ツボ押しに関してはある程度根拠があるので、効き目すべてを否定することはできません。しかしバストマッサージにしろツボ押しにしろ、「したときとしていないとき」を比較検討することはできないので、「これによって乳腺が発達した」と言い切ることは難しそうです。

食べ物によって女性ホルモンの分泌を促す方法に関しては、「乳腺の発達は女性ホルモンと関係している」ということもありますから一定の効果はありそうに思えます。しかし女性ホルモンの分泌量と乳腺の発達はイコールではありません。もっとも女性ホルモンの分泌量が減っていると乳腺は発達しにくくなります。そのため、「女性ホルモンの分泌量を増やす=乳腺が発達する」とは言えませんが、「女性ホルモンの分泌量が少ない=乳腺が発達しない」とは言えるため、食事などに気を使うことは重要ではあります。

このように「乳腺を発達させること」には、「これを行えば絶対に発達させられる」と言い切ることのできるものはありません。しかし「乳腺の発達を妨げること」はありますから、その要因を排除していくことには意味があるといえるでしょう。