痩せ型だけど胸を大きくしたい! どんな方法がいいの?

痩せ型だけど胸を大きくしたい! どんな方法がいいの?

お腹はしっかりくびれていて、胸は大きい――――このような体型は、多くの女性にとって憧れの的だと思われます。ただ、このような体型を維持するためには多大な努力が必要となります。また、遺伝なども関係してきます。
特に痩せ型さんの場合は、「胸を大きくしたい」と考えてもなかなか実現が難しいこともあります。

ここでは、痩せ型さんの胸を大きくするための方法について考えていきます。

ライフスタイルに注目する~食べ物・運動・睡眠

バストを構成する要素はいろいろありますが、そのなかでもっとも大きい割合を占めるのが「脂肪」です。バストのうちの90パーセントが脂肪で構成されています。

痩せ型体型の人の場合、体全体の脂肪の量が極端に少なくなっています。このため、バストにいきわたるべき脂肪の量も当然足りていません。このため、バストも痩せた状態になってしまうのです。

これを解決する方法として、カロリーを摂取し胸に脂肪をいきわたらせることが挙げられます。いろいろなサイトでさまざまな方法が提示されていますしこの記事でもほかの方法を提示しますが、もっとも簡単な解決策はこの方法だといえます。
高脂肪の摂取し、カロリーを体内に取り込みましょう。極端な痩せ型体型は健康にも悪影響を与えますから、適度に太ることもまた重要です。

「これだけをとれば必ずバストサイズアップができる」という食べ物はありませんが、エストロゲンと似た構造を持つ大豆イソフラボンや、エストロゲンの分泌を助けるボロンを含む食べ物を積極的にとっていくとよいでしょう。

また、良質なたんぱく質を含む食べ物をとるのも良いほう方法です。大豆イソフラボンは納豆や豆乳に、ボロンはキャベツやナッツによく含まれています。良質なたんぱく質をとれる食べ物の代表例としては「鶏肉」が挙げられますが、チーズなどもおすすめです。

ただし、人間の体は胸にだけ選択的に脂肪をつけることはできません。特定の部位を選んで肉をつけることはできませんから、体全体にも肉がついていくことになります。そのため、「スレンダーなボディラインを維持しながら、胸にある程度脂肪をつけたい」と考えるのであれば、運動を組み合わせていく必要があります。運動をすることで体を引き締めることができますし、バストを支える胸筋を鍛えることもできます。胸筋を鍛えればバストも前面に張り出てバストサイズアップをすることができるようになります。また、型崩れしにくいバストを作ることもできます。

睡眠をしっかりとることも重要です。寝ている間に胸を育てる成長ホルモンが分泌されるからです。また、ストレスはホルモンの分泌バランスを乱しますが、睡眠はストレス解消方法としても非常に有用です。寝室の環境を整え、熟睡できる環境を整えましょう。

「外側」からのアプローチ~ブラジャーと豊胸手術

上記で挙げた「胸を大きくする方法」は、ある程度長期的に取り組んでいかなければならないものです。また、「やったとき」と「やっていないとき」の比較ができないので、効果が実感しにくいといった問題点もあります。

「とにかくすぐに胸を大きくしたい」と望むのであれば、ブラジャーや豊胸手術に頼りましょう。

現在は痩せ型の人でも胸を豊かに見せるためのブラジャーがたくさん売られています。これらはブラジャーの作り方に工夫がなされていて、ワキに流れていく肉を胸部分に盛ったり、谷間ができるようにバストの肉を中央でキープしたりといったことができるようになっています。なお、「そもそも肉がない!」という人でも、パットを入れることである程度状況が改善します。

もっとも確実で手っ取り早い方法は、「豊胸手術」でしょう。医師の手によってバストサイズアップをはかるものであり、失敗しないかぎりは確実に胸をボリュームアップさせることができます。

豊胸手術には、大きく分けて

  • ヒアルロン酸注入
  • バッグ挿入
  • 脂肪注入
    • の3つがありますが、痩せ型さんの場合は「脂肪注入」による豊胸手術はかなり難しいといえます。脂肪注入の前には自分の体から脂肪を吸引する過程を挟む必要がありますが、痩せ型さんの場合はそもそも吸引する脂肪が非常に乏しい可能性が極めて高いといえるからです(クリニックによっては、「痩せ型の人でも対応可能」としているところもあります)。

      このため、ヒアルロン酸注入かバッグ挿入による豊胸手術が選択肢として挙がってきます。

      ヒアルロン酸注入によるバストサイズアップはカウンセリング当日でも受けられることが多く、痛みやダウンタイムをほとんど伴わないという特徴があります。ただし、ヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されてしまいます。

      バッグ挿入によるバストサイズアップは、効果が極めて長続きします。半永久的だとする医師も多く、頼りになる方法です。また、一度に2カップ程度も大きくすることが可能です。反面、ダウンタイムは長く続きます。

      どの方法を選ぶかは人それぞれですが、痩せ型であってもバストサイズアップを諦める必要はないと言い切ることができます。