バストアップ効果のある食べ物や飲み物を知りたい!

バストアップ効果のある食べ物や飲み物を知りたい!

「バストアップ」をはかりたいと考える人は、まずは「食事」を見直すことから始める必要があります。
ここでは、バストアップに効果的な食べ物や飲み物について解説していきます。

バストアップに効果的な飲み物や食べ物を知る、その前に

世の中には、たくさんの「バストアップに効果的だ」といわれる食べ物や飲み物があります。
ただ、「これだけを食べていれば、だれでもバストアップができる」と言い切れるものがあるかというと、かなり疑問符がつきます。バストだけを選択的に大きくできると断言できるものは、なかなかありません。

また、バストを育てるためには、食事だけでなく睡眠やストレスとの付き合い方を考えていくことも重要です。加えて、バランスのよい食生活を送ることも求められます。これらをきちんと守ったうえで、「バストアップに効果的だといわれている食べ物や飲み物」を意識してとっていくようにするとよいでしょう。

「○○をとれば、必ずバストアップがはかれる」と断言できる食べ物や飲み物はなくても、飲食は生きていくうえで必ず必要となるものです。「どうせとるのならば、できるだけバストアップに効果的なものを積極的にとっていこう」という考えで取り組むようにしましょう。

なお、バストのほとんどは脂肪です。そのため、カロリーの多いものをとり、脂肪をつければその分バストサイズも大きくはなります。これは「美しいボディラインをつくりながらバストアップをはかりたい」と考える人にとってはあまり有益なアドバイスとはいえませんが、「極端なやせ型であり、そのせいでバストが小さい」という人にとっては非常に重要な着眼点です。胸を育てるためには、ある程度カロリーをとる必要があることも念頭においておきましょう。

バストアップに効果的な飲み物その1~豆乳

「豆乳」は、バストアップに効果的な飲み物だといわれています。

その理由は、だれもが知る「イソフラボン」が入っているからです。

大豆製品によく含まれている「イソフラボン(特に、大豆イソフラボンと呼ばれることも多い)」は、バストアップに関わる女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを示すといわれています。その活性は本物のエストロゲンに比べるととても弱いものではありますが、それでも、「安全にバストアップをはかることができる成分(ただし、1日の摂取限度量は75ミリグラムとされています)」として注目を集めています。

豆乳は、簡単にイソフラボンを摂取することができる飲み物です。400ミリリットルで82ミリグラムと、75ミリグラムを超える量のイソフラボンを取り入れることができます。なお、「1日の限度量は75ミリグラム」とされていますが、これは「毎日とったときの場合」の数値です。そのため、1週間に3回程度豆乳2パックを飲む分には、まったく心配はいりません。

バストアップに効果的な飲み物その2~牛乳

小学校の給食などでも出されていた「牛乳」もまた、注目を浴びることの多い飲み物です。牛乳といえば「カルシウム」を思い浮かべる人が多いと思われますが、バストアップに欠かせない成分である脂質やたんぱく質がよく含まれています。また、意外にもビタミンルイもたくさん含まれています。このため、低カロリーで効率よく栄養をとることができる飲み物でもあります。特に、「脂肪分が足りないため胸のサイズが小さい」という人には、この「牛乳」は使いやすいかと思われます。

ただ、注意してほしいこともあります。
それは、「牛乳を飲むこと=バストアップ」ではないということです。
牛乳は「巨大な牛の乳房」をイメージさせるからか、「牛乳はバストアップに良い食べ物・飲み物の代表格」として扱われてきました。しかし、「牛乳を飲めば、すぐにそれがバストアップに繋がる」とは言い切れません。牛乳がバストアップに関わってくるのは、あくまで牛乳の持っている豊かな栄養素によるものにすぎないのです。

ちなみに、一時期、「牛乳にきなこを入れて飲む」という飲み方が注目を集めました。これは、牛乳の持つ栄養素と、イソフラボンを含むきなこを一緒に飲めばバストアップに効果がある……というところからきているのだと思われます。

賛否両論? 「コーヒー」の効果を探る

バストアップと飲み物の関係を考えるうえで、とりあげたい飲み物がひとつあります。

それが、「コーヒー」です。

コーヒーはなかなか不思議な飲み物です。高血圧症とコーヒーの関係においても、「血圧が上昇する」「いや、血圧は降下する」という2つの意見に分かれるのですが、これは実は「バストアップ」においても同じことがいえます。バストアップとコーヒーの関係も、「バストアップによくない」とする説と、「バストアップに効果を示す」とする説があるのです。

それぞれについて見ていきましょう。

まずは、「コーヒーはバストアップによくない」とする説です。

これは、スウェーデンにある「ルンド大学」の、ヘレナ・ジャンストーム教授の研究で導き出されたものです。これは300名の女性(スウェーデン人)を対象として行った研究であり、「1日に飲むコーヒーの量と、バストサイズの関係」について調べたものです。

それによると、「1日に3杯以上のコーヒーをとる人は、そうではない人に比べてバストサイズが17パーセント小さい」となっていたのです。また、バストサイズの小さい人の50パーセント以上がコーヒーを愛飲しているという結果が導き出されました。

この研究結果を見ると、「コーヒーはバストアップに悪い影響を与える」と思えます。
しかし、逆に、「コーヒーはバストアップに効果を示す」という結果もあります。

その根拠となるのは、エンリケ・シスターマン博士などが、259名の女性を対象として行った実験です。
これは、ヘレナ・ジャンストーム教授のように「スウェーデン女性」を対象として行ったものではなく、白人女性やアジア人女性というように、人種別に分けて統計をとったものです。
結果は非常にユニークであり、「白人女性の場合は、コーヒーをとることで女性ホルモンであるエストラジオールが減少し、アジア人女性の場合は逆にこれが増加した」というものでした。
そのときの基準となるのが、1日あたりコーヒー2杯分だったということです。

この2つの研究結果を見たとき、どちらが正しい・正しくないは、なかなか言い切ることができません。ただ、あくまで一解釈にすぎませんが、ジャンストーム教授が対象とした女性のほとんどが白人女性であるのならば、後者のシスターマン博士の論調とも矛盾がしないように思われます。

もっとも、コーヒーについては「飲みすぎは良くないのではないか」とする説もあります。そして、「1日に飲んでもよいコーヒーの基準量」もデータによって実にバラバラです。上で挙げた「バストアップに効果的な量の目安」を考えれば2杯程度なのですが、

  • 1日に8杯以上飲む人であっても、まったく飲まない人に比べると死亡リスクは低下する
  • 1日に4杯程度の場合は、死亡リスクが12パーセント程度低下する
  • 1日に4杯以上のコーヒーを飲んだ場合、脂肪率が低下するというデータもある

などのように、さまざまな意見があります。調べた限りだと、現在の適量は1日に400ミリグラム(コーヒー4杯分)が目安とする説が多くみられました。諸説はあるものの、3~5杯程度が、ひとつのラインといえそうですね。

NEWポスト「大ショック!1日3杯以上のコーヒーで「胸が小さくなる」と判明」

CLINICAL NUTRITION“Caffeinated beverage intake and reproductive hormones among premenopausal women in the BioCycle Study”
Link

DIAMOND online「コーヒーは1日何杯飲むのが死亡リスク低下に効果的か」
Link

日経Dooday「コーヒー1日8杯以上の人も、死亡リスクが低下」
コーヒー1日8杯以上の人も、死亡リスクが低下

ヘルプレ「コーヒー1日8杯で肥満予防!? カフェイン摂取量で安全なのは4杯まで?」
Link

バストアップに効果的な食べ物とは?

「飲み物」のことを中心に見てきましたが、最後に「バストアップに効果的な食べ物」についても少し取り上げましょう。

まず、大豆製品。これが効果的な理由は「豆乳」のところで述べたことと同じです。ただ、食べ物で摂取する場合は、納豆や油揚げ、豆腐などの豊富な選択肢があるのがうれしいポイントです。

「ボロン」を含むキャベツも有効だと言われています。ボロンは「ホウ素」とも呼ばれるものであり、女性ホルモンの働きを活発にします。キャベツがもっとも有名ですが、海藻類などにも含まれています。生で食べるのがよいとされているので、サラダなどにして食べるとよいでしょう。

鶏肉は、良質なたんぱく質を持っている食材として有名です。たんぱく質は、「これ自体がバストアップに効果を示す」というものではありませんが、バストや大胸筋を作るための素材となるものです。このため、特に「運動をして体を引き締めつつ、胸筋をつけてバストアップをはかりたい」と考える人には有用です。
また、たんぱく質を含む「チーズ」も有用です。ちなみに、種類によって異なるものの、チーズ類の多くは、基本的には鶏肉に比べてカロリーが高めです。そのため、「痩せ型ゆえバストの脂肪が少ない」という人の場合は、チーズを利用するのも一つの方法です。

繰り返しにはなりますが、飲み物にしろ食べ物にしろ、「これだけを食べていれば、確実にバストアップができる」「ほかのことは一切していなくても、これを飲みさえすれば胸が大きくなる」というものはありません。ただ、食べ物・飲み物は、バストアップに限らず、健康の基本となるものです。また、バストアップによいとされている食材や飲み物は、健康増進に対してプラスに働くものが多いのも特徴です。そのため、バストアップのために食事を見直すことは、決して無駄にはなりません。