10代のバストアップ方法! バストマッサージは効果がある?

10代のバストアップ方法! バストマッサージは効果がある?

思春期のころは、周囲との体型の違いが気になってしまい悩んでしまうものです。特に「胸の大きさ」はデリケートな部分であるため、深い悩みを抱く人も多いことでしょう。
ここでは、「10代のバストアップ方法」について考えていきましょう。

10代は成長期、特に何もしなくても胸は育ちやすい

10代のころは、体はまだ成長期にあります。女性らしい体つきに変化させていくホルモンとしてエストロゲンがありますが、この分泌量は10代の終わりごろから分泌量が増えていくものです。データによって多少の違いはありますが、20代後半~30歳(20代前半~20代後半とするデータもあります)でピークに達し、そののち分泌量が下降していきます。

エストロゲンはバストアップにも関わるホルモンです。エストロゲンの分泌量の変遷からも分かるように、10代のころというのは、まだエストロゲンの分泌量がピークに達しておらず徐々に増えていっている状態です。そのため、思春期、特に中学生くらいのころに「胸の小ささ」に悩んでいたとしても、年齢を重ねるうちに胸が大きくなっていくことはあります。

このため、「バストアップのために今すぐに何かをしなければならない」「手遅れになってしまう」と焦る必要はありません。

バストアップサプリメントと呼ばれるものもありますが、日本においてバストアップを謳えるサプリメントはありません。女性ホルモンと似た構造を持っているプエラリア・ミフリフィカを配合したサプリメントも販売されていますが、これを飲んだからといって必ずバストアップができるわけではありません。また、これらは健康被害をもたらす可能性もあるものであり、特にホルモンバランスが整っていない10代で飲むにはリスクが大きいといえます。また、これらのサプリメントは値段も高いので、10代が続けるのは少々厳しいでしょう。

「バストアップマッサージ」は本当に効果がある?

お金をかけずに行えるものとして、「バストマッサージ」があります。胸をもみほぐし、それによって血行をよくしようとする考え方です。

女性ホルモンであるエストロゲンは、血液にのって体の中をめぐることになります。血行が悪いとこの運搬も上手くいきません。マッサージを行うことで血液量が増えたり血行が良くなったりすることは研究によって証明されていますから、これはたしかに効果がありそうにも思えます。

しかしながら、「バストマッサージだけで数カップ以上大きくすることができる」とは断言できません。当たり前のことですが、「バストマッサージをしたとき」と「していないとき」を正しく比較することはできないからです。たとえ胸が大きくなったとしてもそれがバストマッサージによるものかどうかは断言できません。特に10代の場合は、前述した通り、成長期にあります。バストマッサージを行ったから大きくなったのか、それとも一般的な成長の過程で大きくなったのかを分けて考える術はありません。

また、乱暴なバストマッサージや誤ったバストマッサージは、バストの型崩れの原因となります。もし行うのであれば、必ず医師などが監修しているページのバストマッサージを参考にして行っていってください。

10代のバストアップは食生活や睡眠を重要視して

「食生活」「睡眠」「ストレスの解消」は、バストアップを考えるうえで非常に重要なものです。これは10代に限ったことではありませんが、成長期にある10代では特に重要な項目です。

成長期にしっかり睡眠をとらなかったり、適切で必要な栄養をとらなかったりした場合、大人になってから悪影響が出てくる場合があります。
成長期のころに睡眠をおろそかにしていると、胸は非常に育ちにくくなります。また10代のころは学校の体育などでけがをしてしまいがちですが、これらの治りも遅くなります。夜には成長ホルモンがよく分泌されるといわれていますから、しっかり眠るようにしてください(現在では「夜ではなくても、きちんと睡眠時間を確保すれば大丈夫なのではないか」という意見もありますが、夜に眠るにこしたことはありません)。
SNSなどが気になって……という人もいるかもしれませんが、夜はスマートフォンなどから目を離し、ゆっくりと眠りましょう。

また、食事は非常に大切です。
10代は成長期にあたり、大人よりも多くの栄養素が必要になることもあります。このため、意識してきちんと食事をとりましょう。食事もまた、バストアップを行ううえで欠かせない要素です。野菜やたんぱく質を積極的にとると同時に、カルシウムなども十分にとりましょう。これらはホルモンバランスを整えることに役立ちますし、バストの原料ともなります。

10代のころは、特に何もしなくても胸が育つこともあります。この時期に大切なのは、焦ってサプリメントや豊胸手術に頼ることではなく、ライフスタイルを見直して「胸が育ちやすい環境」を整えることなのです。