高校生からでも胸は大きくなった? 高校生のバストアップ事情

高校生からでも胸は大きくなった? 高校生のバストアップ事情

私たちの体は、日々少しずつ変化していっています。もちろんその変化の幅は、年代や状況(出産や授乳など)によって異なりますが、毎日少しずつ移り変わっていっています。また、この「変化」は、非常に個人差が大きいものです。

変化が一番大きく自覚できるのは、思春期でしょう。この思春期の体つきの変化と、高校生になってからも見られるバストの成長について紹介していきます。

初潮前後から女性の体は大きく変化する

女性の体は、初潮を契機として大きく変わっていきます。本当に小さい子どものころは、男の子も女の子もそれほど違いは見られません。しかし、小学校の中学年~中学生くらいで、女の子は女性らしく、男の子は男性らしく変化していきます。

初潮が来る時期は、個人によって大きく違いがあります。ただ、エムティーアイが運営する「ルナルナ」が4239人の女性に対してアンケートをとったところ、「小学校6年生で初潮がきた」と答えた人が27.3パーセント、「小学校5年生のころだった」と答えた人が27.1パーセントとなっています。ついで多いのは「中学1年生」で22.8パーセントとなっています。
つまり、この時期を境目として、体の変化が目に見えるかたちで現れて来るわけです(ただし、繰り返しにはなりますが、成長には個人差があります。小学校4年生以下で初潮が北人も7.6パーセントいますし、中学校3年生以上で初潮がきた人も4パーセントいます)。

「初潮を契機として、胸が大きくなるのだ」と思う人もいるでしょう。たしかに初潮が来るこの時期、女の子は成長期に入ります。ただ、実際にバストが成長し始めるのは、初潮が来る1年以上も前からです。つまり、胸が最初に大きくなり、その後に初潮がやってくるわけです。

初潮がきたらもう胸は大きくならない?

このようなことを聞くと、「初潮を迎えたら胸は大きくならないんだ」と思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、実際には、胸は初潮の1年ほど前から大きくなり始め、そしてそれ以降4年間程度に渡って成長を続けることになります。個人差はあるものの、「初潮が来なければ胸は大きくならない」ともいえませんし、「初潮が来たら胸の成長は止まる」ともいえません。初潮を真ん中に挟むようなかたちで、胸のサイズは大きくなっていくのです。

このため、高校生になってから胸が大きくなったという人も当然出てきます。初潮が始まるのが小学校6年生だとしたら、小学校5年生から成長を初めて中学2年生程度まで胸が育ち続けることになります。しかし中学校1~2年生で初潮を迎えた場合、「バストが成長する期間」が高校時代に被ることがあります。また、小学校6年生以下で初潮を迎えた場合も、成長には個人差があるため高校生になってもまだ成長を続けるケースも見られます。

また、成長期は体全体に変化が起きる時期でもあります。身長は高くなりますし、体重も増えていきます。胸の大部分は脂肪ですから、体重が増えて脂肪が増えていくなかで、胸が大きくなったという人もいます。また、運動部に所属していて胸筋を鍛えてきた人の場合、それによってバストサイズアップが可能となることもあります。

エムディーアイ「多くの女性から支持され続ける『ルナルナ』ユーザーのアンケート調査 「みんなの声」を毎月お届け!」
Link

高校生で胸を大きくしたいのならば?

思春期は、「周りとの違い」も気になる年齢です。特に、「胸が大きくなった」と言っている友人が側にいれば、「胸が現在小さいこと」で悩むケースも出てくるでしょう。
そして世の中には、このような悩みを解消するために役立つ方法やサービスがたくさん出回っています。

ただ、高校時代に焦ってバストアップをはかる必要はありません。

上でも述べたように、高校生は普通に生活を送っていても、成長期ということで胸が大きくなることがありうるからです。

胸のコンプレックスを解消するためのもっとも確実な方法は「豊胸手術」ですが、高校生ではこれを受けることは極めて難しいことです。
「バストアップに効果的」のような謳い文句を使っているサプリメントなども、どこまで有用かは疑問が残ります。また、健康被害も報告されています。
バストケア用のクリームは、肌を潤わせてくれる効果は持っていますが、「塗れば必ず胸が大きくなる」というものでもありません。

このようなサービスなどにお金を掛けることは高校生のお小遣いでは難しいですし、食生活や睡眠時間を考えた方がよいでしょう。バランスのよい食生活を送り、きちんと眠るようにします。これによって胸に必要な栄養をいきわたらせたり、成長ホルモンの分泌を促したりすることができます。高校生以降で大きくなったという人も大勢いますから、「商品」「サービス」に頼る前に、まずは生活習慣から見直していくことをおすすめします。また、ブラジャーは自分に合ったものをつけることを意識しましょう。