脂肪注入豊胸手術は痩せ型の人でもできるのか? 

脂肪注入豊胸手術は痩せ型の人でもできるのか? 

「脂肪注入豊胸手術は痩せ型の人には向かない豊胸手術だ」ということは、多くの人が耳にしているものなのではないでしょうか。
今回は、「脂肪注入豊胸手術と痩せ型」をキーワードにして、その関わり方と手術の実際、そして医師による考え方の違いについてとりあげていきます。

脂肪注入豊胸手術とはどんなものか

脂肪注入豊胸手術が痩せ型の人でも受けられるかどうか」を知る前に、まずは「脂肪注入豊胸手術とは何か」を見ていかなければなりません。

脂肪注入豊胸手術とは、自分の体のほかの部位から脂肪を吸引するところから始まります。「脂肪吸引(手術)」と呼ばれるこれによって得た脂肪を、さまざまな処理を施した後に、胸に入れていくやり方を言います。
痩せたい部分から脂肪をとり、必要な部分(胸)に脂肪を入れていくということで、単純に胸を大きくするだけでなく体の気になる部分をサイズダウンさせられるというメリットがあります。

また、この方法の場合は、自分の脂肪を使っているわけですから、手触りが極めて自然です。ヒアルロン酸注入やバッグ挿入による豊胸手術の場合はどうしても違和感が生じてしまうことがありますが、脂肪注入豊胸手術ならばこのような心配がいりません。もちろん脂肪注入豊胸手術であってもしこりなどが生じるリスクはゼロではありませんが、これはヒアルロン酸注入による豊胸手術であってもバッグ挿入による豊胸手術であっても、排除しきれない可能性です。このため、脂肪注入豊胸手術だけのリスクというわけではありません。

また、脂肪注入豊胸手術の場合、マンモグラフィ検査において障害となることもありません。

現在の技術力でいえばたとえバッグ挿入による豊胸手術を受けていたとしても概ね問題はないとされているのですが、「マンモグラフィ検査では、胸を強く圧迫する。そのため、バッグを入れている場合は、破損する可能性が0ではない」として、バッグ挿入による豊胸手術を受けた人の検査には慎重になる検査機関もあります。バッグ挿入豊胸手術を施してくれた病院などでは問題なく受けることができますが、それでも選択肢が狭まる可能性はあります。しかし、脂肪注入豊胸手術の場合はその名前の通り「脂肪」を使っているため、このような制限を受けることはありません。

加えて、脂肪注入豊胸手術の効果は、根付いてしまえば半永久的に続きます。もちろん、脂肪注入豊胸手術によって根付いた脂肪も「脂肪」に他なりませんから、極端に脂肪を落とした場合などは胸の脂肪が落ちる可能性もあります。

このため、慎重に記載するのであれば、「効果は長い」などのような書き方になるかと思われます。実際、脂肪注入豊胸手術を扱う病院によってこの部分の記載は異なり、「半永久的」とする場合もあれば「種類によっては半永久的」とする場合、また「長い」とする場合、極めて否定的な立場をとる病院の場合は「そのうちなくなる」としています。

脂肪注入豊胸手術は非常に優れた豊胸手術ではあります。しかし同時に、リスクも抱えています。

脂肪注入豊胸手術の場合、ほかの方法とは異なり、「定着率」の問題が出てきます。ヒアルロン酸注入による豊胸手術の場合は、1CC~10CC(実際には10CC単位だが、金額としては1CCの金額で表記されているケースが多い)のように微量なコントロールができるのが特徴です。シリコンバッグの場合は大きさは決まっているものの、バッグの分は確実にサイズアップができます。

しかし脂肪注入豊胸手術の場合、「入れた脂肪がどれくらい定着するのか」は読み切れない部分があります。その定着率は、方法や医師の見解にもよって異なりますが、中庸の意見であっても「30パーセント~80パーセント」というものであり、入れた脂肪がそのまますぐに胸の脂肪となることはないとされています。また、医師によっては、もっと少ない分しか定着しないと見る声もあります。

加えて、脂肪注入豊胸手術は脂肪吸引も伴う方法であるため、金額が高くなりがちなのもデメリットのうちの一つだといえるでしょう。

脂肪注入豊胸手術とセットで語られる「脂肪吸引」について

上では、「脂肪注入豊胸手術を行うためには脂肪吸引が必要である」としましたが、それについて詳しく見ていきましょう。これは、「痩せ型の人の脂肪注入豊胸手術」ととても深く関わってくる部分です。

脂肪注入豊胸手術で使える脂肪は、自分の体からとられた脂肪だけです。そのため、脂肪注入豊胸手術を行う前段階として、必ず「脂肪吸引」という過程が必要になってきます。
これは非常によく知られた美容整形手術であるため、ご存知の方も多いでしょう。

まず、体に麻酔薬を入れます。
そして「カニューレ」と呼ばれる吸引管を体の中にいれて、そこから脂肪を吸引して取り除いていきます。現在は痛みも傷も非常に少なく・小さくなっており、患者に負担を掛けない脂肪吸引が行えるようにそれぞれのクリニックが努力をしています。

脂肪吸引はそれだけで独立した美容整形手術ですが、脂肪注入豊胸手術では、このときにとった脂肪を利用して胸を大きくしていきます。

脂肪注入豊胸手術にはいくつかの種類があり、処理方法によって値段も異なります。ただ、いずれの場合であっても、「自分の体からとった脂肪を使い、それに何らかの処理(生理食塩水で洗ったり、特殊なフィルターを使ったり、麻酔薬と老廃物を除去したりする処理方法が一般的です)を施して、それを胸に入れていく」という方法をとるのは同じです。

このように、脂肪注入豊胸手術はその前段階として「脂肪吸引手術」が必要となります。脂肪吸引を行う部位は、一般的には、お腹や太ももなどの脂肪がつきやすい部位が選ばれます。
言い換えるなら、脂肪がまったく吸引できない人が脂肪注入豊胸手術を行おうとした場合、「もともと脂肪がとれないのに、どうやったら脂肪注入豊胸手術ができるのか」という問題にぶつかることもあります。

下記では、「痩せ型の人であっても脂肪注入豊胸手術ができる」と考える病院の意見も取り上げていますが、これはあくまで「痩せ型の人であっても可能であること」を示すのであって、「極端に痩せている人でも必ず脂肪注入豊胸手術ができる」「痩せている方が脂肪注入豊胸手術が行いやすい」というものではありません。

痩せ型の人と脂肪注入豊胸手術、医師やクリニックによる考え方の違い

「痩せ型の人でも脂肪注入豊胸手術ができるかどうか」については、現状、クリニックや医師ごとによって考え方が大きく異なります。
いくつかの意見を紹介します。また、「できない」としているクリニックが「できる」としているクリニックよりも技術が劣っている……ということでもないので、そのあたりも注意してください。

痩せ型の人は脂肪注入豊胸手術ができない、もしくはリスクが非常に大きいのでお勧めしない

美容外科のなかには、「痩せ型の人の脂肪注入豊胸手術はできない、もしくはリスクが非常に大きいので積極的には勧めない」としているところもあります。

前述したように、脂肪注入豊胸手術は脂肪吸引を必要とする手術です。そのため、極端に痩せた人の場合はうまく脂肪が吸引できないので、脂肪注入豊胸手術をしても十分な効果は得られないと考えるわけです。また、無理に脂肪吸引をした場合、脂肪吸引をした箇所に凹凸が発生するリスクが高くなるため「可能ではあるが、あまりお勧めはしない」とするところもあります。

このようなクリニックでは、確実にバストサイズアップができるバッグ挿入方法などを勧められることもあります。ただし、「痩せている人がバッグを挿入しても不自然になる」と考えるクリニックもあります。

方法によるとするクリニック

「脂肪注入豊胸手術」と一口にいっても、その種類はさまざまです。このため、「方法によっては可能」とされることもあります。

ただ、このときに「どのような方法ならばよいのか」については病院ごとで見解が異なります。あるクリニックでは「コンデンスリッチ注入(自分の脂肪から、麻酔液や老廃物を除去して行う方法)」が良いとしており、別の病院では「コンデンスリッチ注入よりもピュアグラフト注入(フィルターにかけた脂肪を使う方法)」の方が良いとしています。

このあたりは、クリニックの説明をよく聞く必要があるでしょう。

「痩せ型の人でもまったく問題がない」と考えるクリニック

また、「痩せ型の人でもまったく問題がない」と考えるクリニックもあります。

「現在の脂肪吸引の機械は非常に優れており、今までは対象としにくかった部位の脂肪も吸引できるようになった。そのため、必要な量の脂肪は、痩せ型の人でも得られる」としているのです。太腿の内側や腰部分などから脂肪をとり、それを脂肪注入豊胸手術に使っていく……というものです。

実際、「脂肪注入豊胸手術の一種であるコンデンスリッチ豊胸を受けた人のうちの、4分の1が痩せ型に分類されていた」という数字を、THE CLINIC(ザ クリニック)が出しています。
THE CLINIC(ザ クリニック)「4人に1人は痩せ型!? 脂肪注入による豊胸の実態」Link

これらの意見は、どれも非常に信頼性のおけるものです。また、脂肪の付き方も、求める脂肪注入豊胸手術の方法も人それぞれ異なります。以上を踏まえたうえで、自分に合う豊胸手術を探していくのがよいでしょう。