バストアップサプリの副作用

バストアップサプリの副作用、不妊症の危険も!

バストアップ、それは世界中の多くの女性が望むこと。

なかにはバストが大きいのがお悩みの方もいますが、日本人の平均バストはB~Cカップであり、小さな胸に悩む女性は多いのが現実。
その悩みを解決すべく、様々な商品が販売されています。

バストアップサプリもその一つ。

インターネットで「バストアップサプリ」と検索すると、「私はこれでバストアップしました!」というサイトを多く見かけます。
バストアップサプリは実際に効果があるのでしょうか?

バストアップの仕組み

もちろんですが、バストの小さい人もいれば大きい人もいます。
大きさこそ違いがありますが、共通点として、乳腺があります。

乳腺とは母乳を分泌するための組織です。
そして、この乳腺を守るべく、脂肪がつくことでバストは膨らみます。

乳腺の発達が本当にバストアップにつながるの?

では、バストが大きい人と小さい人では乳腺の量に違いがあるのでしょうか?

バストは乳腺と脂肪は1:9の割合でできており、バストアップのためには乳腺を発達させる必要があると聞いたことがあると思います。
この理屈で考えれば、バストが大きい人は小さい人に比べて、乳腺が多いと考えられます。
また、乳腺が多い大きいバストの女性は乳がんになりやすいという噂もあります。

しかし、バストが大きい人からといって、乳腺が発達していて多いわけではありませんし、乳がんになりやすいというわけでもありません。

「乳房が大きいからといって、乳がんにかかりやすいということはありません。乳房の大きさは、脂肪の量によって決まることが多いのですが、乳がんは脂肪ではなく乳腺から発生するもの。乳房が大きくても、乳腺の密度が高いとは限りません」

相馬由子、「胸が大きいと乳がんになりやすい?」、R25

つまり、バストの大きさと乳腺の発達は比例しているわけではなく、乳腺の発達がバストアップに直接的に影響しているわけではありません。

脂肪をつければバストは大きくなるの?

男性の胸にも、女性のように胸が膨らむ病気として、真性女性化乳房という症状があります。
この症状は、男性の胸に乳腺が発達し、そこに脂肪がつくことで女性のような胸の膨らみができてしまうことです。
真性女性化乳房の原因を解説するイラスト
「女性化乳房修正術(男性対象)」、聖心美容クリニック

繰り返しますが、乳腺は母乳を分泌するための組織です。
また、脂肪とは摂取したエネルギーが消費されずに蓄積されたものです。

母乳を分泌するために、乳腺にも摂取したエネルギーが運ばれてきます。
そのエネルギーが過剰になると脂肪として蓄積されます。
そして、その脂肪がバストの膨らみとなります。

バストのほとんどが脂肪でできているため、太ることでバストが大きくなるというは納得できます。
しかし、乳腺を発達させたからといって、そう都合よくバストにのみ脂肪がつくことは難しいでしょう。

バストアップサプリにバストアップ効果は期待できない?

インターネットで「バストアップサプリ」と検索すると、「私はこれでバストアップしました!」というサイトを多く見かけます。
このような情報を見ると、「私も!」とバストアップサプリに期待してしまいます。

プエラリアでバストアップ

様々なバストアップサプリに共通して配合されているのが、プエラリアです。
プエラリアとはタイで自生している植物であり、簡単に言えば、女性ホルモンに作用する物質を含んでいます。

このプエラリアによって女性ホルモンが活性化し、乳腺が発達することは期待できるのですが、前述のとおり、バストアップに直接的につながるわけではありません。
なぜなら、女性ホルモンが発達しても望み通り、バストに脂肪がつくとは限らないからです。

プエラリアの副作用で不妊症に?

プエラリアは女性ホルモンに作用する物質を含んでいます。
しかし、そのホルモン作用は強すぎるあまり、副作用が危惧されています。

ミロエステロールという強力な女性ホルモン活性物質の存在による内分泌撹乱作用である。植物起源とはいえ、「プエラリア(ガウクルア)」に含まれるミロエステロールやイソフラボンは生体にとっては異質の化学物質(xenobiotic)であり、いわゆる環境ホルモン注2と同様の作用、すなわち内分泌系の撹乱を起こすことに留意する必要がある。

木下武司、「プエラリア(ガウクルア)の安全性に問題はないのか?」、生薬、薬用植物(薬草)と身近な野生植物(野草)のページ

プエラリアの副作用として、内分泌系の撹乱を起こすとありますが、つまり、自力でホルモンの分泌がしにくい身体になる恐れがあるということです。

女性ホルモンはサプリメントに頼らずとも体内で分泌されます。
しかし、女性ホルモンを活性化させようと自らの手によってサプリメントなどを摂取し続けていると、体内で女性ホルモンを分泌する力が衰え始めます。

このホルモン分泌の衰えは不妊症の原因にもなると上記サイトでは言及されています。

健康的な生活習慣への改善がバストアップへ

乳腺の発達がバストアップに直接的に影響しているわけではないものの、バストアップへのチャンスになることは確かです。
ですが、乳腺の発達のためにプエラリアを含有したサプリメントにばかり頼っていては、身体に悪影響が強すぎます。

女性である以上、女性ホルモンは分泌されます。

  • 適度の運動
  • 十分な睡眠
  • 規則正しい生活リズム
  • 栄養バランスのとれた食事

女性ホルモンの活性を促すにはサプリメントに頼らず、健康的な生活習慣へと改善することが不可欠です。
健康的な生活習慣に改善し、女性ホルモンが活性化し、乳腺が発達して、バストに脂肪がうまくつけば、バストアップは実現するでしょう。

しかしながら、そう簡単にバストアップすることは難しいので、古今東西、バストアップは世の女性の永遠の悩みとなっているかもしれませんね。