豊胸手術の種類とその値段~ヒアルロン酸注入豊胸手術について

豊胸手術の種類とその値段~ヒアルロン酸注入豊胸手術について

豊胸手術には数多くの種類があります。そしてそれぞれに、特徴と値段の差、施術方法の違いがあります。
今回はそのなかから、「ヒアルロン酸注入豊胸手術」を取り上げます。

まずは、「ヒアルロン酸注入豊胸手術とはどんなものか」について説明していきましょう。

豊胸手術の種類~ヒアルロン酸注入豊胸手術以外のもの

豊胸手術にはとても多くの種類がありますし、病院ごとでオリジナルの名前を付けている場合もあります。
ただ、基本的には以下の4つに分けられます。

  • ヒアルロン酸注入豊胸手術
  • バッグ挿入豊胸手術
  • 脂肪注入豊胸手術
  • ハイブリッド豊胸手術

「バッグ挿入豊胸手術」とは、生理食塩水やシリコンの入ったバッグを胸の中にいれるものです。永続的に効果を得られ続けると解釈されるとするのが一般的であること、脂肪注入豊胸手術よりも値段が安いこと、何よりも大幅なバストアップができることから、豊胸手術のなかでももっともよく知られた方法です。

ただ異物を体の中に入れっぱなしにするため、手で触ったときに不自然さを感じることもあります。また現在では非常に安全性が高くなった方法ではありますが、かつてはさまざまな健康被害を起こした方法でもありました。

「脂肪注入豊胸手術」は、自分の体からとった脂肪を胸に注入していく方法です。自分の脂肪を使って行うわけですから、手触りは極めて自然です。また、定着してしまえば、原則としてその効果は半永久的です(ただし、脂肪ですから、当然その後に急激な体重減少などがあればその影響を受けることはあります。このようなことも踏まえて、「半永久的」という表現を避け、「長持ちする」などの表現にとどめているところもあります)。

自然な手触りを得られること、また体内に異物を注入することに抵抗感を感じる人にとっては非常に選びやすい方法といえるでしょう。

反面、注入した脂肪がそのまま100パーセント留まることは不可能だと言われており、一度で大きくできるサイズにも限界があります。また、種類にもよりますが、脂肪注入の前には「自分の体から脂肪をとる」という工程が必要になるため、やせた人が「胸だけを大きくしたい」と考える場合には不向きな方法となることもあります(現在は、やせた人であってもある程度対応することのできる手術方法も開発されてはいます)。

最後の「ハイブリッド豊胸手術」は、バッグ挿入豊胸手術と脂肪注入豊胸手術を合わせた方法です。バッグを挿入したうえで脂肪を注入していきますから、バッグの最大の欠点である手触りの不自然さを解消することができます。また、脂肪注入による方法の場合は叶えられなかった一度の手術で大幅にバストアップも叶えることができます。

いわゆる「いいとこどり」の手術ではありますが、その分値段も非常に高くなります。また、上でも述べたように、脂肪注入豊胸手術の場合は事前に脂肪吸引の手術も必要となるため、その金額も加算されます。加えて、手術も大がかりなものになりがちです。

ヒアルロン酸注入豊胸手術とは

上で挙げた3つの方法と「ヒアルロン酸注入豊胸手術」は、同じ豊胸手術でありながら、明確に区別して語られることの多いものです。

なぜなら、ヒアルロン酸注入豊胸手術は、唯一すべての医師が永続性を否定する方法だからです。

ヒアルロン酸注入豊胸手術は、ヒアルロン酸の注射を胸に打ち込んでサイズアップをはかる方法です。ヒアルロン酸は体にも存在する成分であるため安全性が高い成分だといえます。しかし同時に、徐々に体に吸収されていくものでもあります。バッグや脂肪注入によるものは一度手術をしてしまえば基本的にはその効果は半永続的ですが、ヒアルロン酸注入豊胸手術の場合はそのうち元の胸のサイズに戻ってしまうわけです。

その持続期間は個人差が大きく、病院によっても見解が異なります。ただ、「3年以上にわたって、胸のサイズを維持できる」と考えている専門医はいないといってよいでしょう。多くの医療機関で、その効果は1~2年程度とされています。

ただこれは同時に、ヒアルロン酸注入豊胸手術の魅力にもなっています。「体に異物を入れ続けること」「半永続的に自分の体が変化する整形手術を受けることは怖い」と考える人も当然いるでしょう。しかしヒアルロン酸注入豊胸手術ならば、長くもっても3年程度であるため、加齢に応じて自然に小さくなっていく胸を作ることもできるのです。

また、ヒアルロン酸注入豊胸手術は非常に手軽です。「プチ整形」という言葉もありますが、ヒアルロン酸注入豊胸手術は、豊胸手術におけるプチ整形にあたるといえるでしょう。現在は「来院当日でもできる脂肪注入豊胸手術」を打ち出している病院もありますが、基本的にはヒアルロン酸注入豊胸手術以外の豊胸手術は一度持ち帰って検討したり、再度の来院が必要となったりします。

しかし、ヒアルロン酸注入豊胸手術の場合は、注射による豊胸でありダウンタイムも短いため、受診当日に受けられることもよくあります。加えて施術時間も極めて短く、体への負担も少なくて済みます。
さらに、1CC単位で入れる量を変えられる場合、自分の理想のバストサイズ、バストのかたちを作ることが容易になります。体にメスを入れる必要もないため、注射針の傷ですむというのもメリットです。

ヒアルロン酸注入豊胸手術にはこのようなメリットもあるのです。

ヒアルロン酸注入豊胸手術の値段について

ここからは、ヒアルロン酸注入豊胸手術の値段について見ていきましょう。

よく、ヒアルロン酸注入豊胸手術の手術費用は、ほかの豊胸手術に比べて安いと言われます。それはある面では真実だといえます。
ヒアルロン酸注入豊胸手術の値段は、病院によって差がありますが、1CCあたり2500円~6000円程度が相場です。また、病院によっては、1000円を切る価格で提供しているところもあります。

シリコンバッグの挿入が50万円~80万円程度、脂肪注入による豊胸手術の費用は100万円を超えることもあることから、単純に数字だけを見れば、ヒアルロン酸注入豊胸手術は非常にお買い得な方法だといえます。

ただ、これには注意点もあります。

ヒアルロン酸注入豊胸手術は本当にトクか?

「ヒアルロン酸注入豊胸手術の値段は本当に安いかどうか」を検討するうえでの注意点は、2つあります。

まず1つめは、上でも述べた「持続時間」の問題。
そしてもう1つは、「入れる量」の問題です。
1つずつ解きほぐしていきましょう。

ヒアルロン酸注入豊胸手術は、ほかの豊胸手術とは異なり、永続性のないとすべての医師が認める方法です。そのため、しぼんできたときに「やはりもっと胸のサイズを大きくしたい」と考えたのならば追加でヒアルロン酸注入豊胸手術を受けなければならなくなってしまいます。

「結婚式のときだけ大きくしたい」などのように明確な理由があって受けるのであれば構わないのですが、「年を重ねてからも大きなバストを維持したい」と考えるのであれば、ヒアルロン酸注入豊胸手術は非常にランニングコストの悪い方法だといえます。それならば、永続性のあるほかの方法をとった方が結果的には安くなるのです。

もう一つは、「入れる量」の問題です。

だいたい1カップアップさせるためには、100CCの注入が必要とされています。見た目で「なんとなく変わったこと」を自覚するだけでも、60CCは必要とされています。多くの美容クリニックでは1CCもしくは10CC単位で金額を表記していますが、この程度の量だとほとんど違いは感じられないでしょう。1カップアップしたいと考えれば、25万円~60万円程度かかるため、「安い病院のバッグ挿入方法よりも、平均的な価格の病院のヒアルロン酸注入豊胸手術の方が高くなること」も十分ありえます。

なお、「ヒアルロン酸注入豊胸手術でどれくらいのサイズを一度にアップさせられるか」は病院によって見解が異なります。「3カップ程度まで」としているところもありますが、多くのクリニックでは、「1カップ~2カップ」としています。

この2つの点を考えれば、「ヒアルロン酸注入豊胸手術は、どのような場合、どのような人を対象としたときであっても、豊胸手術のなかでもっとも安い方法だ」とはいえなくなるのです。

ヒアルロン酸注入豊胸手術が向いている人について

こうしてみていくと、「ヒアルロン酸注入豊胸手術が向いている人、向いていない人」が見えてきます。

向いている人は、

  • あくまで一時的に胸を大きくしたいだけ
  • 初めての豊胸手術なので、可逆性がある方法を試したい
  • 体にメスを入れるのは不安
  • 大幅なバストアップを欲しているわけではない
  • とりあえず安く豊胸手術をしたい

などに該当する人でしょう。

逆に、

  • 再度豊胸手術を受けるのは面倒だしお金がかかるから、一度で済ませたい
    ・1度の手術で大幅なバストアップをはかりたい
    ・手術に時間がかかってもいい
    ・半永久的な効果を得たい

と考える人は、ヒアルロン酸注入豊胸手術ではないほかの方法を選ぶべきです。

また、いろいろ考えた末に「ヒアルロン酸注入豊胸手術を選ぶ」ということになった場合でも、病院ごとによる違いをしっかり精査することは大切です。ヒアルロン酸注入豊胸手術に限ったことではありませんが、基本的には豊胸は自由診療(※乳がんによって胸を除いた人が行う「乳房再建手術」を除く)であるため、病院ごとの値段の違いが非常に大きいのです。

もちろん、値段ですべてを決めることはできませんが、病院決定の大きな要素になることはたしかです。特に、ヒアルロン酸注入豊胸手術である程度大きめのバストサイズアップをはかろうとしているのであれば注意したいものです。同じ「ヒアルロン酸注入豊胸手術」であっても、金額で30万円以上の差が出る可能性もあるからです。

現在は、主な病院のほとんどすべてが「カウンセリング無料」を謳っています。自分が理想とするバストサイズ・バストのかたちをつくるためにはいくらくらいかかるのかの説明をしっかり受けましょう。また、そのときに、病院の雰囲気や医師との相性もみておくべきです。