30代のバストアップ方法! どうやったら胸をケアできる?

30代のバストアップ方法! どうやったら胸をケアできる?

30代は、女性を取り巻く環境が大きく変わる時期でもあります。
20代後半から30代前半にかけて出産をしたり子どもの離乳期を迎えたり、また仕事が忙しくなったり趣味にいそしんだりと、さまざまな生活環境の変化がおきます。
ここではこれを踏まえて、「30代以降のバストアップ」について考えていきましょう。

30代は、女性を取り巻く環境が大きく変わる時期でもあります。
20代後半から30代前半にかけて出産をしたり子どもの離乳期を迎えたり、また仕事が忙しくなったり趣味にいそしんだりと、さまざまな生活環境の変化がおきます。

ここではこれを踏まえて、「30代以降のバストアップ」について考えていきましょう。

過度なダイエットはやめてバランスのよい食事を心がけて

「いつまでも美しいボディラインを維持したい」と考える人にとっては、バストアップと同時にダイエットも重要になってくるでしょう。
30代に入ると、20代と同じような食べ方や運動をしていても、なかなか体重は落ちていきません。このため、食事を過度に節制して体重を落とそうと考える人もいるでしょう。

ただ、このような無茶な食生活をしているとバストアップは望めません。そもそも胸の多くを占めるのは「脂肪」であるため、過度なダイエットで脂肪を落とし過ぎると胸もやせてしまう可能性があります。
30代で、バストアップ(あるいはバストサイズの維持)とダイエットを両立させようとするならば、胸筋部分を鍛える運動を組み合わせるのが良いでしょう。胸筋部分を鍛えれば、型崩れがしにくいバストを作ることもできます。

食事の面での見直しは、バランスを意識して行います。野菜を多めにとる必要はありますが、たんぱく質もしっかりとりましょう。
「大豆などのイソフラボンはバストアップに効果がある」とよくいわれています。これはイソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造だからです。ただ、イソフラボン=エストロゲンではないため、イソフラボンを摂取したからといってそれがそのままバストアップに直結するわけではありません。イソフラボンの活性は、エストロゲンに比べると1000分の1程度だといわれています。
もっとも、大豆製品は体によい食べ物ではあるので、積極的にとっていって悪いものではありません。

ストレスから身を守り、睡眠をしっかりとる

私たちの体はホルモンバランスによって支配されているという見方もできます。バストアップに関係するホルモンとして上であげた「エストロゲン」がありますが、これの分泌量は20代後半~30歳までをピークとして徐々に減少していきます。これは自然の摂理なのですが、30代の場合は特にホルモンバランスが崩れやすい傾向にあると産婦人科医は指摘します。

女性の30代は、さまざまな仕事を任されるようになったり、プライベートでも変化が起きたりしやすい時期です。その「仕事」「変化」が好ましいものであれ好ましくないものであれ、環境が変わることは人にストレスを与えます。この結果、自律神経などが狂ってしまう可能性も高くなります。

胸が大きく育つのは10代~20代前半までが中心です。しかしストレスによるホルモンバランスの乱れは、女性らしい体つきを作ることをブロックする要因となります。
ストレスから身を守るように心掛け、睡眠もしっかりとるようにしましょう。特に「睡眠」は重要です。睡眠は、もっとも簡単なストレス解消方法です。また、眠っている間に体は成長し、また細かい傷を癒していきます。精神面にも大きな影響を与えるため、良質な睡眠をとることは30代以降の「女性らしい体つき」を作るために欠かせないことなのです。
寝室の環境を整え、「眠りやすい状態」を作っていきましょう。

下着の見直しを

下着の見直しを行うことも、美しい胸を作ることに役立ちます。30代に差し掛かると、「胸の垂れ」が気になってくる人もいるのではないでしょうか。

現在では無理なく胸を寄せ上げて美しいラインを作ってくれる下着も販売されています。また、背中のぜい肉対策ができるブラジャーなども打ち出されています。これらは、胸そのものを大きくする効果はありませんが、胸を大きく見せること・ワキなどのほかの部分のぜい肉を胸に持ってくることで、豊かな胸を作りあげることには役立ちます。

「30代になったので、スタイルを良くするために矯正下着(補正下着)を利用し始めた」という人もいます。

また、夜に使うナイトブラを利用するのもひとつの手です。
ナイトブラは、その名前の通り、夜につけて寝るブラジャーです。寝ているときの胸の動きは、起きているときとはまったく異なります。横になって眠ると重力で胸がベッド側に引っ張られます。これはバストの型崩れを招くものですが、ナイトブラをしておけばそのリスクを軽減することができます。そのため、垂れにくく、崩れにくいバストを作ることができるのです。

個人差はあるものの、30代以降で「自分の胸自体を、確実に3カップ以上アップしたい」などのように考えた場合、美容整形手術(豊胸手術)を受けるのが現実的な線でしょう。ただ、「胸が垂れることによって、胸のかたちが崩れるのを避けたい」「胸の肉がワキなどに流れるのを避けたい」「胸がしぼんでしまうのを避けたい」ということであれば、対策はいろいろあるのです。