20代の悩み……胸を大きくしたい! どんな方法をとればいい?

20代の悩み……胸を大きくしたい! どんな方法をとればいい?

思春期のころは周りとの違いに悩むものですが、20代に入ると自分自身の体の状態や体つきについて悩むこともあるかと思われます。「自分が理想とする体型」に近づきたいと考えたり、パートナーの望むスタイルになりたいと考えたりする人も多いことでしょう。

人それぞれで好み・理想とする体型は異なります。また、健康被害が起こらない限り、体型には「違い」こそあれ「良しあし」はありません。ただ、「自分の理想とする体型は、胸が大きくて、それ以外のところは細く引き締まっている体だ。特に、バストサイズが大きい人がうらやましい」と感じる人は少なくはありません。

今回はそのような理想を持つ人に向けて、「20代からでも胸を大きくする方法」について解説していきます。

20代でも自然と胸が大きくなることもある

胸の成長をもっとも時間することができるのは、やはり成長期のころでしょう。初めての生理の1年前~3年後まで(日本人の女性の場合は、小学校高学年~中学生まで)の間に、バストのサイズやかたちは大きく変わります。一般的に「胸がよく育つ」と言われているのはこの時期です。

ただ、この「成長期」を過ぎたらまったく胸が育たなくなるかというとそうではありません。
まず、胸の成長には個人差があります。初めての生理が来るタイミングも人それぞれで違いますし、成長期の成長がどのあたりから始まりどのあたりで終わるのかも個人差があります。人によっては高校生をすぎても胸が成長を続ける場合もあります。

また、女性の胸を育てることに大きく関わる女性ホルモンのエストロゲンは、20代になってからも分泌され続けます。エストロゲンの分泌量は20代(データによっては30歳)をピークとすると言われており、思春期のころよりもずっと多くのエストロゲンが分泌されることになります。体全体が妊娠に適したかたちへと変化していくため、この時期に胸が育つ可能性も十分に考えられます。

「特に何もしていなかったのに、胸が大きくなった」
「太ったわけでもないのに、胸だけ大きくなる」
という可能性も十分に考えられるのです。

20代で胸を大きくしたいなら、ホルモンバランスを意識した生活を

「胸の大きさ」は、整形手術でもないかぎり「ビフォアフター」の画像で比較することはできません。栄養をとったとき、バストケアマッサージを施したとき、十分な睡眠をとったときのバストとそうではないバストを同一人物で比較検討することは絶対にできないからです。また、バストの成長にはさまざまな要因が絡んでいるため、「これだけをやっていれば、絶対に胸が成長する」とはいえません。

ただ、「胸が育たない可能性の高い行動」を排除していくことで、豊かなバストを手に入れられる可能性は高くなります。

20代は、30代と同様、生活の変化が起こりやすい世代です。

学校を卒業して就職したり、結婚したり、引越しをしたり、出産をしたりと、目まぐるしくライフステージが変わります。このときに大きなストレスがのしかかることもあるでしょう。しかしストレスは、ホルモンバランスを崩す要因となります。できるだけストレスから身を守る生活を心がけたいものです。可能ならば、ストレス源から遠ざかるようにするとよいでしょう。

また、忙しさに追われて睡眠時間が短くなることもあります。しかし睡眠時間が短いと、胸は育ちません。胸を育てるホルモンは、睡眠中によく分泌されるからです。睡眠時間の確保が難しい場合は、寝室の環境を整えて、「短いけれども良質な睡眠」を得られるようにすることをおすすめします。

過剰なダイエットや偏った食生活は、ホルモンバランスの乱れを生みます。また、必要な栄養素が十分に供給されていないと、バストはなかなか育ちません。バストの9割は脂肪であるため、やせすぎた体ではバストを維持することができないのです。ダイエットとの兼ね合いを考えるのであれば、運動を組み合わせてください。

下着の見直しも行いましょう。前述した通り、女性の体は20代でも変化していっています。思春期のころに使っていたブラジャーも、体に合わなくなっているかもしれません。定期的に測り直しを行い、自分にあった下着を購入するようにしてください。また、ナイトブラを着用することもおすすめします。ナイトブラはその名前の通り夜につけるブラジャーであり、着用したまま眠ることを前提としています。これは胸の型崩れを防ぎ、ワキなどの方に胸の肉が流れていくのを防止します。「ナイトブラを着けて眠れば、2カップ以上胸が大きくなる」とはいえませんが、これを着けて眠ることで、バストの型崩れや垂れを予防することはできます。

20代でも胸が大きくなる可能性は、決して少なくはないといえます。

まずはライフスタイルや下着を見直し、胸を育てやすい環境を作るようにしてください。